【2024年最新】転職サイトおすすめ比較ランキング・選び方

※プロモーションを含みます
転職サイトおすすめ比較ランキング・選び方
おすすめの転職サイト

1位JACリクルートメント

年収600万円以上のハイクラス求人を狙うなら
満足度 (4.7)
運営元 株式会社ジェイエイシーリクルートメント

2位リクルートダイレクトスカウト

ヘッドハンターからのスカウトを狙うなら
満足度 (4.4)
運営元 株式会社リクルート

3位ビズリーチ

非公開求人が多い選ばれた人の転職サイト
満足度 (4.2)
運営元 株式会社ビズリーチ

「心に重荷を感じる日々が続いている」
「職場での人間関係に悩まされている」
「職場の雰囲気や風土が自分には合わない」
「仕事に対するモチベーションが低下しており、楽しさや充実感が見つからない」
「不快な言動や嫌がらせに苦しんでいる」

転職を考えている方にとって、その理由は十人十色。ほんの一例をあげさせていただきました。

そんな転職を考える方に転職サイトは欠かせないツールです。

しかし、転職サイトは数多く存在し、どれを利用すれば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、このサイトでは、転職サイトのランキングをお届けします。

また、転職サイトの特徴やメリットやデメリット、選び方や活用法についても解説します。転職活動を成功させるために、ぜひ参考にしてください。

転職サイトと転職エージェントは、一般的には異なるサービスとして扱われることが多いですが、このページでは、同じサービスとしてご紹介しています。

※転職サイトと転職エージェントの違いは?

目次

おすすめの転職サイトランキング

1位 JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 管理職・エグゼクティブ・専門職の転職・採用支援に特化している。
  • 海外関連の仕事に特化したポジション支援を提供する。海外展開に関わる業務や国際的な分野での事業の割合は半分以上で、業界でトップクラスのシェアを持っている。
  • 企業と求職者の両方に向けたポジション支援を一括して担当するコンサルタントがいる。このように、両者の要望をしっかりと把握した上でマッチングすることで、高い満足度を得られるサービスを実現している。
  • コンサルタントのスキルが高い。両面型の専門コンサルタントが約750名も在籍し、日本国内の両面型の人材紹介サービスでは、業界で最も多くの人数でサービスを展開している。
  • 非公開求人が多数ある。約1.4万件の求人の中で、約8割が非公開求人である。非公開求人は一般に公開されていないので、他の応募者との競争率が低く、有利に転職活動を行える。
  • キャリア相談のサポートレベルが高い。キャリアカウンセリングでは、担当コンサルタントが求職者の現況や希望条件、キャリアプランなどを詳しくヒアリングし、適切なアドバイスや提案を行う。
  • 年代に応じたサポートを提供する。20代・30代・40代以上のそれぞれの活用方法や注意点を理解し、年齢や経験に合わせた転職先を紹介する。
  • IT・通信、サービス(人材・教育)、商社・流通、金融・保険、コンサルなどの業種や、営業、経営企画、エンジニア(IT・技術系)、マーケティング・商品開発などの職種に対応可能である。
  • 全国対応できる。東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島に拠点を持ち、電話やオンラインでのサポートも可能である。
基本情報
運営元 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
料金 無料
得意分野 グローバル・ハイクラス専門求人
対応エリア 全国
事業所 東京本社、東北支店、北関東支店、横浜支店、静岡支店、浜松支店、名古屋支店、京都支店、大阪支店、神戸支店、中国支店海外、福岡支店(国内12拠点)、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、香港特別行政区、韓国、ベトナム、インド、英国、ドイツ、アメリカ(海外11拠点)
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-010227
公式URL https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、管理職・エグゼクティブ・専門職の転職・採用支援に特化した転職エージェントです。

グローバル・海外関連のポジション支援が得意で、外資系企業や海外進出企業への転職を目指す人におすすめです。

また、コンサルタントの能力が高く、キャリア相談や面接対策などのサポート品質が高いです。非公開求人も多く、一般に公開されていない優良企業の求人にチャレンジできます。

一方で、JACリクルートメントには以下のようなデメリットもあります。

まず、年収500万円以上を目指すミドル層向けのサービスであるため、年収500万円未満の人や社会人経験が少ない人は求人紹介を受けられるかどうか不確かです。

また、求人数は大手転職エージェントに比べて少ないので、希望する業種・職種・地域に応じてマッチする求人が見つからないかもしれません。

まずは、登録し、コンサルタントにあなたの希望条件を相談してみては?

まずは、下記リンクから公式へ

JACリクルートメントの
公式サイトを見てみる

2位 リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • リクルートが運営するスカウト型転職サービスで、ヘッドハンターからのスカウトを受けられる。これにより、自分では見つけられない非公開求人や高年収求人に出会える可能性が高まる。
  • 年収600万円以上のハイキャリア層向けで、求人は年収800万円~がメイン。平均年収は900万円以上と高く、ポジション指定なので求人の入れ替わりのサイクルが早い。外資系企業や海外進出企業などのグローバルな求人も多い。
  • 完全無料で利用できる。初年度導入費用はゼロで、入社時課金が発生するまでの間はゼロ円で利用できる。ビズリーチと比べても、機能を全部使うには有料会員登録が必要なビズリーチとは違い、無料で質の高いサービスを受けられる。
  • スカウト送信数・求人掲載数は無制限で、顧問求人スカウトという機能もある。スカウト送信数に上限はなく、対象となる方の登録がある限り、採用人数に達するまでスカウトを続けられる。

    また、求人掲載数も無制限なので、「緊急ではないけれど、いい人材がいたら」というニーズにも対応できる。顧問求人スカウトとは、会社の顧問として経営などへのアドバイスをしてほしいという場合に利用できる機能で、役員クラスや退職した人等を対象としている。

  • ヘッドハンターを指名できる。約2500名のコンサルタントのデータベースから担当者を指名できる。自分に合ったヘッドハンターが選べて、より効率的かつ効果的な転職活動を進められる。
基本情報
運営元 株式会社リクルート
料金 無料
得意分野 ハイクラス・エグゼクティブ向け求人
対応エリア 全国
事業所 全国のヘッドハンター(約2,200名)と提携
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-300230
公式URL https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するスカウト型転職サービスです。登録すると、ヘッドハンターからのスカウトを受けられます。このサービスのメリットとデメリットは次の通りです。

メリットの一つは、リクルートが運営するサービスなので、使いやすさや信頼性が高いという点です。サイトのデザインや操作性はビズリーチに似ており、登録やレジュメ作成も簡単にできます。

また、リクルートの人材サービスの実績やノウハウが反映されており、安心して利用できます。

もう一つのメリットは、年収800万円以上のハイキャリア層向けの求人が多く、大手や有名企業の非公開求人に出会えるという点です。

ヘッドハンターから直接スカウトを受けられるため、自分では見つけられない求人や高年収求人にアプローチできます。外資系企業や海外進出企業などのグローバルな求人も多くあります。

デメリットは、エグゼクティブ向け転職サービスはスキルや経験のない人が使うのは難しいという点です。

ヘッドハンターからスカウトを受けるためには、自身の強みやアピールポイントをしっかり記入しておきましょう。

レジュメの記入方法で、受け取れるスカウトの内容が変わってきます。市場価値の高いスキルや実績を築けていない人は、登録をしてもオファーがもらえない可能性が高いです。

自信のキャリアに自信のある方は、必ず押さえておきたいサイトです。

まずは、下記リンクから公式へ

リクルートダイレクトスカウトの
公式サイトを見てみる

3位 ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴

  • 高年収・高ポテンシャルな求人が豊富。ビズリーチは、年収1000万円以上や未上場企業、海外勤務などの求人が多く掲載されています。他の転職サイトでは見つからないようなキャリアアップのチャンスがあります。
  • 専属のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる。ビズリーチでは、登録後に専属のキャリアアドバイザーが付きます。キャリアアドバイザーは、あなたの経歴や志向に合わせて求人を紹介したり、面接対策や条件交渉などをサポートしてくれます。
  • スカウト機能で自分から動かなくてもOK。ビズリーチでは、プロフィールを登録するだけで、企業からスカウトメールが届くことがあります。自分から応募しなくても、気になる企業からオファーが来るでしょう。
  • 非公開求人や限定求人にもアクセス可能。ビズリーチでは、一般には公開されていない非公開求人や、ビズリーチだけで募集している限定求人にも応募できます。他の転職サイトでは見られないようなレアな求人に出会えるかもしれません。
  • 業界や職種別のコンテンツが充実している。ビズリーチでは、業界や職種別に様々なコンテンツが用意されています。例えば、業界別の年収ランキングや、職種別の面接対策などです。自分の希望する業界や職種に関する情報を得られます。
基本情報
運営元 株式会社ビズリーチ
料金 無料プランと有料プランがある
得意分野 即戦力人材やハイクラス人材の転職。管理職や専門職など、年収1,000万円以上の求人が多く掲載
対応エリア 全国
事業所 渋谷区に本社を置き、首都圏拠点(渋谷区)、関西オフィス(大阪市)、名古屋オフィス(名古屋市)、福岡オフィス(福岡市)、静岡オフィス(静岡市)、中四国オフィス(広島市)
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-302647
公式URL https://www.bizreach.co.jp/

転職サイト「ビズリーチ」は、年収1,000万円以上や未上場企業、海外勤務などの魅力的な求人を多数掲載しており、キャリアアップを目指す人にぴったりのサイトです。登録すると自分専用のキャリアアドバイザーがつき、転職活動の相談から面接対策、条件交渉までトータルにサポートしてくれます。

また、スカウト機能を利用すれば、自分から応募しなくても企業からオファーを受けられます。さらに、非公開求人や限定求人にも応募できるので、他の転職サイトでは見られないレアな求人と出会える可能性もあります。業界や職種別に様々なコンテンツも用意されており、自分の希望する業界や職種に関する情報を入手できます。

ただし、ビズリーチには登録に審査が必要で、一定の経歴やスキルがなければ登録できない場合があります。

さらなる高みを目指している方におすすめ。特に自信の価値を知りたい方は押さえておきたい転職サイトです。

まずは、下記リンクから公式へ

ビズリーチの
公式サイトを見てみる

4位 DYM就職

1位 DYM就職

DYM就職の特徴

  • 履歴書の作成や面接対策などをサポートするツールがある。
  • 転職に関するセミナーやイベントが開催されており、転職に必要な情報や知識を学べる。
  • 就職活動や転職活動でよくあるお悩みや疑問に対するアドバイスが充実。
  • 独自のアルゴリズムで、ユーザーに合った求人情報を提示する機能がある。
  • カウンセリングを実施しており、転職に向けてのキャリアプランが明確。
基本情報
運営元 株式会社DYM
料金 全て無料
得意分野 第二新卒、既卒、フリーター
対応エリア 全国
事業所 8拠点(東京本社、仙台事業所、名古屋事業所、京都事業所、大阪事業所、福岡事業所、札幌リクルートセンター、広島リクルートセンター)
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304089
公式URL https://www.dshu.jp/

DYM就職は、第二新卒、既卒、フリーターに特化しており、求職者が転職を希望する企業を検索したり、履歴書対策も万全です。企業側も求人を掲載したり、候補者を検索できます。

求職者が履歴書を投稿すると、自動でスキルマッチングが行われます。その結果、自分に合った求人が提示されるため、転職活動が有利に。

また、DYM就職では、企業との接触を簡単にするために、個人情報を隠せる「匿名転職」サービスも提供しています。

転職に成功するためには、自分自身のスキルや経験、履歴書の精査など、さまざまな要素が重要になります。DYM就職の転職エージェントにアドバイスをもらい、転職成功に向けてしっかり準備をしましょう。

まずは、下記リンクから公式へ

DYM就職の
公式サイトを見てみる

5位 就職Shop

2位 就職Shop

就職Shopの特徴

  • 求人情報が豊富。就職Shopは、多くの企業が求人情報を掲載しており、あなたは自分に合った求人を探せる。
  • 就職Shopは、履歴書や職務経歴書をアップロードするだけで済むため、応募がとても簡単。
  • 企業が採用を希望する方を募集する際に、転職希望者とのマッチングができるため、企業が採用を希望する方を見つけやすい。
  • 履歴書作成サービスや、面接対策のアドバイスなど必要となる様々な支援サービスが充実。
  • 過去に利用者した求職者のお悩み解決コラムページや活躍中の先輩たちの声のページが充実。
基本情報
運営元 株式会社リクルート
料金 全て無料
得意分野 20代、未経験者
対応エリア 全国
事業所 10拠点(新宿、銀座、横浜、北千住、埼玉、千葉、西東京、大阪、京都、神戸)
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-010258
公式URL https://www.ss-shop.jp/

就職Shopは、リクルートが運営。対面型就職・転職活動支援サービスです。利用することで、就職に必要なスキルや知識を学べます。

履歴書の作成や面接対策、転職に関するアドバイスなど、さまざまなサポートを提供しています。

また、就職活動において、自己分析やキャリアプランニングなどを行うことで、自分に合った職種や企業を見つけられます。

経歴に自信のない方、未経験の方でもOK!就職活動を効率的に進めるための手段として、おすすめです。

まずは、下記リンクから公式へ

就職Shopの
公式サイトを見てみる

6位 DODA(デューダ)

7位 DODA(デューダ)

DODA(デューダ)の特徴

  • 企業や求人情報が豊富で、さまざまな業界や職種の求人情報が掲載されている。
  • 転職に必要な情報やサポートを提供するためのツールやサービスが用意されている。
  • 自分に合った求人情報をメールやアプリで受け取れる。
  • 企業からのフィードバックを受け取れる。
  • 自分のプロフィールやスキル、希望する職種や勤務地を登録し、企業が掲載している求人情報を閲覧したり、応募ができる。
  • あなたと企業がマッチしやすい求人情報を提示してくれる。
基本情報
運営元 パーソルキャリア株式会社
料金 全て無料
得意分野 全般
対応エリア 全国
事業所 29拠点(丸の内本社、北海道オフィス、北海道第二オフィス、東北オフィス、東北第二オフィス、丸の内第二オフィス、大手町オフィス、南青山オフィス、紀尾井町オフィス、浅草橋オフィス、西新宿オフィス、横浜第二オフィス、みなとみらいオフィス、高崎オフィス、静岡オフィス、中部オフィス、中部第二オフィス、福井オフィス、関西オフィス、関西第三オフィス、大阪オフィス、京都オフィス、神戸オフィス、岡山オフィス、広島オフィス、九州オフィス、九州第二オフィス、南九州オフィス、鹿児島オフィス)
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304785
公式URL https://doda.jp/

DODA(デューダ)は、パーソルキャリア株式会社が運営。多くの企業や求人情報を掲載しており、個人のキャリアアップや転職を支援するサービスを提供しています。

DODAでは、求人情報を検索するだけでなく、転職に必要な情報やサポートを提供するためのツールや無料のエージェントサービスも用意されています。

まずは、下記リンクから公式へ

DODA(デューダ)の
公式サイトを見てみる

7位 リクルートエージェント

8位 リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 日本最大級の転職サイトであり、求人情報の数が豊富で、さまざまな業種や職種が登録されている。
  • 転職に役立つ情報やサービスが提供されており、転職活動をサポートするためのツールや機能が用意されている。
  • 履歴書の作成や面接対策も万全。
基本情報
運営元 株式会社リクルート
料金 全て無料
得意分野 全般
対応エリア 全国
事業所 16拠点(東京本社、北海道支社、東北支社、宇都宮支社、さいたま支社、千葉支社、西東京支社、横浜支社、静岡支社、名古屋支社、京都支社、大阪支社、神戸支社、中四国支社岡山オフィス、中四国支社広島オフィス、福岡支社)
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-010258
公式URL https://www.r-agent.com/


リクルートエージェントは、日本最大級の転職サイトとして広く知られています。求人情報の数が豊富で、さまざまな業種や職種が登録されています。

企業側も多くの求人情報を掲載しており、あなたが希望する条件や経験を持つ求人が探せるでしょう。

第二新卒の方向けのイベント情報なども実施しています。無料の転職支援サービスに申し込めば、専任のキャリアアドバイザーが支援してくれます。

リクルートエージェントでは、転職に役立つ情報やサービスも提供されており、転職活動をサポートするためのツールや機能が多数用意されています。

まずは、下記リンクから公式へ

リクルートエージェントの
公式サイトを見てみる

転職サイトの選び方、ヒント

転職サイトは、自分のキャリアを変えたいときに役立つツールです。しかし、転職サイトには色々な種類があり、どれを選ぶかによって転職の成功率や満足度が変わってきます。

では、どのようにして転職サイトを選ぶべきでしょうか?

まず、自分の転職の目標や希望をはっきりさせることが大切です。例えば、スキルアップや収入アップ、ワークライフバランスや働きがいなどの目標はもちろん、希望する業界や職種、勤務地や年収などの希望も考えておきましょう。

これらの目標や希望によって、向いている転職サイトは異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分の目標や希望を明確にすることが第一歩です。

次に、自分に合った転職サイトを探すことがおすすめです。転職サイトには、総合型や専門型、エージェント型やスカウト型などの種類があります。それぞれに掲載されている求人の数や質、提供されているサービスやサポート、利用者の口コミや評価などが異なります。

自分の目標や希望に合った転職サイトを探すためには、これらの情報を比較してみることが必要です。比較する際には、以下のようなポイントに注目してみましょう。

  • 求人数:多くの求人が掲載されているほど、自分に合った求人を見つける可能性が高まります。
  • 求人質:掲載されている求人が正確で魅力的であるかどうかも重要です。また、非公開求人や独占求人など、他のサイトでは見られない求人があるかどうかもチェックしましょう。
  • サービス内容:求人検索や応募だけでなく、履歴書作成や面接対策などのサポートがあるかどうかも確認しましょう。また、エージェント型やスカウト型の場合は、エージェントとの相性やコミュニケーションも重要です。
  • 利用者の評判:実際に利用した人の口コミや評価を参考にするといいでしょう。良い点や悪い点を客観的に見つめられます。

最後に、実際に登録して使ってみることも重要です。転職サイトは無料で登録できるものが多いので、気になる転職サイトは積極的に登録してみましょう。

登録後は、求人を検索したり応募したり、エージェントと相談したりなどを通して、自分に合っているかどうかを確認しましょう。

また、登録した転職サイトは定期的にチェックすることも忘れずに。新しい求人が掲載されたり、スカウトメールが届いたりするでしょう。

転職サイトを有効に活用するためには、実際に登録して利用してみてください。

転職エージェント・転職サイトを利用する5つのメリット

  1. 非公開求人を紹介してくれます。非公開求人とは、一般に公開されていない求人です。大手・優良企業や高年収の求人が多いです。転職エージェントに登録すれば、自分では見つけられないような魅力的な求人に出会えます。
  2. キャリアコンサルタントがついてくれます。キャリアコンサルタントは、転職市場の動向や自分の市場価値を教えてくれたり、キャリアプランや転職理由を相談に乗ってくれたりします。自分の強みや目標を明確にしたり、自信を持って転職活動を進めたりするために役立ちます。
  3. 応募書類の添削面接指導をしてくれます。応募書類は選考の第一関門であり、面接は自分の魅力や適性をアピールするチャンスです。しかし、転職活動が初めての人や久しぶりの人は、どのように書いたり話したりすれば良いかわからないことも多いでしょう。転職エージェントでは、プロの目線で応募書類の添削や面接指導を受けられ、書類通過率や面接通過率が格段に上がるでしょう。
  4. 日程調整や条件交渉を代行してくれます。転職活動では、複数の企業に応募して同時期に内定をもらいたいいところです。しかし、それには企業との連絡や日程調整が必要であり、仕事をしながらだと大変です。また、給与交渉も自分で行うのは難しいですよね。転職エージェントでは、キャリアコンサルタントが企業との連絡や日程調整を行ってくれるだけでなく、希望する条件に近づけるように交渉してくれます。
  5. 完全無料で利用できます。転職エージェントは、求人企業から紹介料をもらっています。そのため、求職者はどんなに多くのサポートを受けてもお金はかかりません。自分の人生を左右する転職ですから、無料で利用できるサービスはありがたいですね。

転職エージェント・転職サイトを利用する4つのデメリット

  1. 自分の意思とは違う求人を紹介される。転職エージェントは、求人企業から紹介料をもらっています。そのため、求人企業のニーズに合わせて求職者を紹介しています。自分の希望条件とは違う求人や、自分に合わない求人を紹介されるかもしれません。
  2. キャリアコンサルタントの質にばらつきがある。転職エージェントには、経験豊富で信頼できるキャリアコンサルタントもいますが、そうでない場合もあります。キャリアコンサルタントの質によっては、的確なアドバイスやサポートが受けられなかったり、無理やり応募させられるかもしれません。
  3. 複数登録すると情報が重複する。転職エージェントには、それぞれ得意な業界や職種があります。そのため、複数の転職エージェントに登録しておけば、幅広い求人情報を得られます。しかし、複数登録すると、同じ求人を紹介されたり、同じ企業に応募してしまうかもしれません。これは企業側から見てもマイナスの印象になります。
  4. 自分で情報収集や判断をしなくなる。転職エージェントは、キャリアコンサルタントが色々なサポートをしてくれます。しかし、それに頼りすぎると、情報収集力や判断力が欠けて、決断が鈍ってしまいます。転職は自分の人生の選択ですから、最終的には自分で納得できる決断をする必要があります。

転職を成功させるコツ

  • 自分の強みや価値観を明確にする。転職する理由や目的、自分に合った仕事や職場の条件、自分が持っているスキルや経験などを整理しましょう。自分の強みや価値観を知れば、自信を持ってアピールできるだけでなく、自分に合った企業や求人を見つけやすくなります。
  • 市場調査や情報収集を行う。転職市場の動向や求人情報、業界や企業の特徴などを調べましょう。市場調査や情報収集を行えば、自分の希望や条件に合った求人を見逃さないだけでなく、面接や書類作成の際にも役立ちます。
  • ネットワークを活用する。転職活動において、ネットワークは非常に重要です。知り合いや友人、同僚や先輩などに転職の意思を伝えたり、紹介や紹介状をもらったりしましょう。ネットワークを活用し、内部情報や口コミを得られるだけでなく、信頼性や人柄もアピールできます。
  • 履歴書や職務経歴書を工夫する。履歴書や職務経歴書は、転職活動において最初の印象を決める重要な書類です。履歴書や職務経歴書を工夫すれば、自分の魅力や適性を効果的に伝えられます。具体的には、以下のような点に注意しましょう。
  • 志望動機や自己PRは具体的かつ簡潔に。志望動機や自己PRでは、自分が転職したい理由や目標、自分が持っているスキルや経験、自分がどのように貢献できるかなどを具体的かつ簡潔に述べましょう。長すぎると読みづらくなりますし、あいまいだと印象に残りません。
  • 実績は数字や事例で裏付ける。実績では、自分が過去にどのような仕事をしてきたか、どのような成果を上げたかなどを数字や事例で裏付けましょう。数字や事例は客観的でわかりやすいですし、自分の能力や責任感も示せます。
  • レイアウトや文字サイズは見やすくする。レイアウトや文字サイズは、履歴書や職務経歴書の見た目に影響します。レイアウトや文字サイズを見やすくすれば、読み手の負担を減らせますし、整理された印象も与えられます。具体的には、以下のような点に注意しましょう。
  • 余白や改行を適切に使う。余白や改行は、履歴書や職務経歴書の構成や区切りをわかりやすくします。余白や改行を適切に使い、読み手の目を引きやすくなりますし、情報の整理もしやすくなります。
  • 文字サイズを統一する。文字サイズは、履歴書や職務経歴書の読みやすさに影響します。文字サイズは小さすぎず、読み手の目を疲れさせないようにしましょう。また、文字サイズは一定にしてください。文字サイズがバラバラだと、不揃いな印象を与えてしまいます。
  • フォントは明朝体かゴシック体にする。フォントは、履歴書や職務経歴書の雰囲気に影響します。フォントはシンプルな明朝体かゴシック体を選び、行間も揃えてください。フォントでは、個性を出さず、内容で個性を出します。清潔な印象を与えましょう。また、フォントは1種類にしてください。フォントが複数種類だと、統一感がなくなってしまいます。
  • 面接に備える。面接は、転職活動において最も重要な場面の一つです。面接は、自分の魅力や適性を直接伝えられます。具体的には、以下のような点に注意しましょう。
  • 事前に企業や業界の情報を調べる。面接では、企業や業界に関する知識や関心を問われるかもしれません。事前に企業や業界の情報を調べておけば、自分の志望動機や適性を裏付けられますし、興味や意欲も示せます。
  • 自分の強みや経験をアピールする。面接では、自分の強みや経験をアピールしましょう。自分の強みや経験をアピールし、自分がどのような価値を提供できるか、どのような仕事ができるかなどを伝えます。
  • 質問には明確かつ丁寧に答える。面接では、質問には明確かつ丁寧に答えなければなりません。質問には明確かつ丁寧に答えれば、自分の考えや意見をわかりやすく伝えられますし、コミュニケーション能力も示せます。
  • フォローアップを行う。転職活動では、フォローアップを忘れないでください。フォローアップをしっかり行えば、自分の印象を強化できますし、採用担当者との関係も良好に保てます。具体的には、以下のような点に注意しましょう。
  • 面接後にお礼メールを送る。面接後にお礼メールを送るのは、社会人のマナーであり基礎です。面接後にお礼メールを送り、自分の感謝や興味を伝えれば、印象も良くなります。
  • 採用担当者と連絡を取り合う。採用担当者と連絡を取り合えれば、転職活動の進捗や状況を把握するためにも必要です。採用担当者と連絡を取り合えれば、自分の意思や状況を伝えられますし、信頼関係も築けます。

以上が、転職を成功させるためのポイントです。転職活動は大変ですが、自分の目標や希望に沿った仕事や職場を見つけるために頑張ってください。

転職エージェント・転職サイトを利用する流れ

転職エージェント・転職サイトを利用する流れは、大きく分けて以下の5つのステップになります。

  1. 登録する。転職エージェント・転職サイトの公式サイトから、個人情報や職務経歴、希望条件などを入力して登録します。登録後、キャリアアドバイザーから連絡が来るので、面談の日程を調整します。
  2. キャリアアドバイザーと面談する。キャリアアドバイザーとの面談では、転職市場の動向や自分のキャリアプラン、志望動機などについて相談します。キャリアアドバイザーは、自分に合った求人や転職のコツを教えてくれます。
  3. 求人を紹介してもらう。キャリアアドバイザーは、自分の希望や条件に合った求人を紹介してくれます。求人は公開されているものだけでなく、非公開のものもあります。紹介された求人に興味があれば、すぐに応募できます。
  4. 応募・書類選考・面接を受ける。応募するためには、履歴書や職務経歴書などの書類を作成します。キャリアアドバイザーは、書類の添削や面接の対策をしてくれます。書類選考や面接では、自分の強みや適性をアピールします。
  5. 内定・退職・入社する。内定が決まったら、キャリアアドバイザーは入社日や年収などの条件交渉を代行してくれます。退職する際には、前職の引き継ぎや挨拶などを行います。入社後も、キャリアアドバイザーはフォローアップしてくれます。

以上が、転職エージェントを利用する流れです。転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれる便利なサービスです。

転職エージェントに関するQ&A

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトは、インターネット上で求人情報を閲覧し、自分で応募するサービスです。転職エージェントは、転職支援のプロであるキャリアアドバイザーが、求人を紹介し、転職活動をサポートするサービスです。

  • 転職サイトのメリットは、求人情報が多く、自分のペースで転職活動ができます。デメリットは、転職活動へのサポートがなく、自力で行う必要があります。
  • 転職エージェントのメリットは、担当エージェントの対応が良く、自分に合った求人を紹介してもらえます。デメリットは、提案の電話やメールが多く、活動ペースを急かされるかもしれません。
  • 転職サイトと転職エージェントは、それぞれ得意とする業界や職種があります。自分が目指す業界や職種に合わせて、適切なサービスを選ぶびましょう。

※当ページでは、同じ意味として取り扱っております。

転職エージェントとは何ですか?

転職エージェントとは、転職を希望する人に対して、求人の紹介やキャリアカウンセリング、書類作成や面接対策などのサポートを行う専門家です。

転職エージェントは、自分に合った仕事や職場を見つけるためのパートナーとして活用できます。

転職エージェントの利用は無料ですか?

転職エージェントの利用は基本的に無料です。転職エージェントは、転職者からではなく、採用した企業から報酬を受け取る仕組みになっています。

ただし、一部の転職エージェントでは、有料のオプションサービスやキャンセル料などが発生する場合があります。利用する前に必ず契約内容や利用規約を確認しましょう。

転職エージェントに登録するメリットは何ですか?

転職エージェントに登録するメリットは、以下。

  • 非公開求人や優良求人にアクセスできる
  • キャリアアドバイザーから専門的なアドバイスやフィードバックを受けられる
  • 書類作成や面接対策などのサポートを受けられる
  • 条件交渉や退職手続きなどの代行をしてもらえる
  • 転職活動の進捗管理やスケジュール調整をしてもらえる

転職エージェントに登録するデメリットは何ですか?

転職エージェントに登録するデメリット

  • 自分の希望と合わない求人や企業を紹介される場合がある
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合がある
  • 電話やメールでしつこく連絡される場合がある
  • 契約内容や利用規約に注意しないとトラブルになる場合がある

転職エージェントを選ぶポイントは何ですか?

転職エージェントを選ぶポイント

  • 自分の希望する業界や職種に強いかどうか
  • 求人数や非公開求人の割合が多いかどうか
  • キャリアアドバイザーの質や対応が良いかどうか
  • 口コミや評判が良いかどうか
  • 契約内容や利用規約が明確で安心できるかどうか

転職エージェントに登録するタイミングはいつがいいですか?

転職エージェントに登録するタイミングは、転職活動を始める前や始めたばかりの段階がおすすめです。

転職エージェントに登録すれば、自分の市場価値や転職市場の動向を把握できますし、自分のキャリアプランや転職の目的を明確にできます。

また、早めに登録すれば、より多くの求人情報や情報収集の時間を得られます。

転職エージェントに登録したらどのくらい連絡が来ますか?

転職エージェントに登録したら、キャリアアドバイザーから定期的に連絡が来ます。連絡の頻度や方法は、転職エージェントやキャリアアドバイザーによって異なりますが、一般的には以下のようなタイミングで連絡が来ます。

  • 面談の日程調整や確認
  • 求人の紹介や応募
  • 書類選考や面接の結果やフィードバック
  • 条件交渉や入社手続きのサポート
  • 転職活動の進捗確認や相談
  • 入社後のフォローアップ

転職エージェントとの面談で準備するものは何ですか?

転職エージェントとの面談で準備するもの

  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類
  • 前職や現職での実績やスキルを示す資料
  • 希望する業界や職種、年収などの希望条件
  • 転職する理由や目的
  • 転職エージェントに対する質問や相談

転職エージェントとの面談で気をつける点は?

転職エージェントとの面談で気をつける点

  • 自分のキャリアや希望を正直に伝える
  • キャリアアドバイザーからの質問に明確かつ丁寧に答える
  • キャリアアドバイザーからのアドバイスやフィードバックを素直に受け入れる
  • 自分に合わない求人や企業に無理に応募しない
  • 自分から積極的に質問や相談をする

転職エージェントとは別に自分でも求人を探して応募してもいいですか?

転職エージェントとは別に自分でも求人を探して応募しても構いません。

ただし、以下のような点に注意してください。

  • 同じ求人に複数回応募しない。転職エージェントから紹介された求人に自分でも応募すると、重複応募となり、印象が悪くなる可能性があります。また、転職エージェントの契約内容によっては、重複応募に対するペナルティがある場合もあります。
  • 転職エージェントに自分で応募した求人を報告する。自分で応募した求人があれば、キャリアアドバイザーに報告しましょう。そうすれば、キャリアアドバイザーは自分の希望や状況を把握できますし、重複応募を避けられます。また、キャリアアドバイザーは自分で応募した求人についてもサポートしてくれる場合があります。

転職エージェントとの契約期間はどのくらいですか?

転職エージェントとの契約期間は、転職エージェントや契約内容によって異なります。一般的には、転職エージェントに登録した日から転職先への入社日までが契約期間となります。

ただし、一部の転職エージェントでは、登録から一定期間(例えば6ヵ月や1年)が経過すると契約が自動更新される場合があります。また、入社後も一定期間(例えば3ヵ月や6ヵ月)は契約が継続される場合もあります。

契約期間や更新条件については、利用する前に必ず確認しましょう。

転職エージェントとの契約を解除する方法は何ですか?

転職エージェントとの契約を解除する方法は、転職エージェントや契約内容によって異なります。一般的には、キャリアアドバイザーに連絡して契約解除の意思を伝れば、簡単に解除できます。

ただし、ごく一部の転職エージェントでは、契約解除にあたって一定の手数料や違約金が発生するかもしれません。

また、契約解除後も一定期間(例えば3ヵ月や6ヵ月)は情報提供や連絡を受ける義務がある場合もあります。契約解除の方法や条件については、利用する前に必ず確認しましょう。

転職エージェントに登録する際に注意する点は?

転職エージェントに登録する際に注意する点

  • 登録する転職エージェントの信頼性や評判を確認する
  • 登録する情報は正確かつ詳細に入力する
  • 契約内容や利用規約をよく読んで理解する
  • 登録後も連絡先や希望条件などを随時更新する

転職エージェントから紹介された求人以外にも他の転職エージェントや企業から内定が出たらどうすればいいですか?

転職エージェントから紹介された求人以外にも他の転職エージェントや企業から内定が出たら、自分の希望や条件に合った方を選べます。

ただし、以下のような点に注意してください。

  • 内定を出した転職エージェントや企業に対しては丁寧かつ迅速に連絡してください。内定を出した転職エージェントや企業は、自分に期待してくれているので、無視や放置は失礼にあたります。また、内定の有効期限がある場合もありますので、早めに返事をしましょう。
  • 内定を辞退する場合は、その理由を明確に伝えてください。内定を辞退する場合は、その理由を正直に伝えましょう。ただし、理由は建設的かつ尊重的なものにしましょう。例えば、「他の企業との相性が良かったため」という理由は良いですが、「給与が低いため」という理由はNGです。
  • 内定を受け入れる場合は、他の転職エージェントや企業に対してはすぐに辞退してください。内定を受け入れる場合は、他の転職エージェントや企業に対してはすぐに辞退しましょう。そうすれば、他の転職者や採用担当者の迷惑にならず、自分の信頼性も保てます。

転職サイト・エージェントに登録する前の心構え・確認事項まとめ

自分の転職の目的や希望を明確にする

転職サイト・転職エージェントに登録する前に、自分がなぜ転職を考えているのか、どんな仕事や職場を求めているのか、どんな条件や待遇を望んでいるのかなどを整理しておきましょう。

そうすれば、自分の希望や条件を正確に伝えられますし、自分に合った求人や企業を紹介してもらえます。

転職サイト・転職エージェントの信頼性や評判を確認する

転職サイト・転職エージェントに登録する前に、そのサービスがどんなものなのか、どんな業界や職種に強いのか、どんなキャリアアドバイザーが在籍しているのかなどを調べておきましょう。

また、口コミや評判も参考にしましょう。そうすれば、自分の希望や条件に合ったサービスを選べますし、安心して利用できます。

契約内容や利用規約をよく読んで理解する

転職サイト・転職エージェントに登録する前に、そのサービスとの契約内容や利用規約をよく読んで理解しておきましょう。

特に、契約期間や更新条件、手数料や違約金、情報提供や連絡の義務などに注意しましょう。そうすれば、トラブルや不利益を避けられ、スムーズに利用できます。

連絡方法や頻度を確認する

転職サイト・転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーからメールや電話で連絡が来ます。その際、連絡方法や頻度は自分の都合に合わせられます。

例えば、「メールはいつでも大丈夫だけど電話は夜しか受けられない」「週1回以上は連絡してほしくない」などと伝えられます。そうしておけば、無理なくコミュニケーションが取れるでしょう。

相性や信頼関係を重視する

転職サイト・転職エージェントに登録した後は、キャリアアドバイザーとの相性や信頼関係が重要です。キャリアアドバイザーはあなたの転職活動をサポートするパートナーですから、自分の希望や悩みを正直に話せる人を選びましょう。

また、キャリアアドバイザーからのアドバイスや提案に対しても、素直に受け入れられる人を選びましょう。

転職サイト・転職エージェントの得意な業界や職種を確認する

転職サイト・転職エージェントは、それぞれ得意とする業界や職種があります。例えば、IT業界や金融業界に強いサービスや、営業職やエンジニア職に強いサービスなどがあります。

自分が目指す業界や職種に合わせて、適切なサービスを選んでおけば、より多くの求人情報や有益な情報を得られます。

転職サイト・転職エージェントの求人数や非公開求人の割合を確認する

転職サイト・転職エージェントは、それぞれ扱っている求人数や非公開求人の割合が異なります。求人数は多ければ多いほど選択肢が広がりますし、非公開求人は他の応募者と競合しないため有利です。

自分の希望に合わせて、求人数や非公開求人の割合が高いサービスを選ぶことがおすすめです。

転職サイト・転職エージェントのサポート内容やオプションサービスを確認する

転職サイト・転職エージェントは、それぞれ提供しているサポート内容やオプションサービスが異なります。例えば、履歴書や職務経歴書の添削や作成代行、面接対策や交渉代行、キャリアカウンセリングや年収査定などがあります。

自分が必要とするサポート内容やオプションサービスがあるかどうかを確認しましょう。

転職サイト・転職エージェントとは別に自分でも求人を探して応募する場合の注意点を確認する

転職サイト・転職エージェントに登録した後も、自分で求人を探して応募できます。ただし、その場合は以下の点に注意する必要があります。

同じ求人に重複して応募しない。転職サイト・転職エージェントから紹介された求人に対して、自分で直接の応募は絶対に避けましょう。それは採用企業に対してマナー違反ですし、あなたの評価も下がります。

応募した企業や進捗状況をキャリアアドバイザーに報告する。自分で応募した企業や進捗状況をキャリアアドバイザーに報告しておけば、より効果的なサポートを受けられます。例えば、面接日程の調整や交渉代行などがあります。

転職サイト・転職エージェントは、転職活動を効率的かつ成功させるための強力な味方ですが、上手に活用するためには注意点もあります。

自分の希望や条件に合ったサービスを選び、信頼関係を築きながらコミュニケーションをとり、必ずや成功を勝ち取りましょう!

おすすめの転職サイト

1位JACリクルートメント

年収600万円以上のハイクラス求人を狙うなら
満足度 (4.7)
運営元 株式会社ジェイエイシーリクルートメント

2位リクルートダイレクトスカウト

ヘッドハンターからのスカウトを狙うなら
満足度 (4.4)
運営元 株式会社リクルート

3位ビズリーチ

非公開求人が多い選ばれた人の転職サイト
満足度 (4.2)
運営元 株式会社ビズリーチ

参照資料及び参考文献一覧

転職者数の推移等 – 厚生労働省

新卒の通年採用に対する意識 – 内閣府

スタートアップキャリア総研 – 経済産業省